お肌プルプル関節にも!コラーゲントリペプチド+低分子化ヒアルロン酸、2つのうるおい成分があなたをサポート
今まで歯科医院専売だったコラデントに、低分子化ヒアルロン酸(ヒアロナノ)を追加したコラスティックビューティー。美容に、健康に、その効果を実感してください。
最近こんな悩みはありませんか?肌のくすみが気になってきた、顔のシワのたるみが気になる、最近、化粧ノリが良くない、その原因、コラーゲンが不足しているからかもしれません
体の全タンパク質の1/3はコラーゲンです
体内のコラーゲンは年齢とともに減少していきます
コラスティックビューティーを飲んでコラーゲンとヒアルロン酸を摂取することが大切です!
コラスティックビューティーはコラーゲン最小ユニット「トリペプチド」を配合!体内に速やかに吸収され、コラーゲンとヒアルロン酸の体内生産を強力にサポートします。
コラスティックビューティーをオススメする3つの理由
今まで歯科医院専売だったコラデントに、低分子化ヒアルロン酸(ヒアロナノ)を追加したコラスティックビューティー。美容に、健康に、その効果を実感してください。

コラーゲントリペプチドはすばやく吸収され、皮膚と骨に新しい組織を再生させます。

古澤歯科医院 院長古澤利武

古澤歯科医院 院長古澤利武

東京慈恵会医科大学 医学博士
東北大学 医工学博士

コラーゲンは体の重要なタンパク質です。
建物でいう柱や梁の役割で加齢とともに減少し皮膚のたるみやシワの原因になります。

そこで、サプリメントで重要なことは、飲んで体内に正しく吸収され、行き渡らなければ
効果は無いということです。

コラーゲントリペプチドと従来のコラーゲンサプリメントの違いが下の図になります。

コラーゲントリペプチドと従来のコラーゲンサプリメントの違い

従来のペプチド(結合体)は腸で消化され、ただのアミノ酸として吸収され
効果は期待できないと言われてきました。
しかし、トリペプチドは3個のアミノ酸まで分解されているので、
腸でそのまま吸収されます。

Comparison of absorption

そこで我々はその本当にトリペプチドの形のまま体内に吸収され、
組織(皮膚や骨)に届いているかを確かめる実験を試みました。

実験1

ラット3匹にコラーゲントリペプチドを飲ませ、
その後、10、30、60、120分ごに尾の先より採血し分析しました。

培養細胞増殖能・コラーゲン産生促進
ヒアルロン酸産生促進
ジペプチジルパプチダーゼⅣ阻
ACE阻害・コラーゲン合成促進

このグラフから分るように,トリペプチドのまま血中に移行していることが確かめられました。

実験2

トリペプチドを飲ませたラットと飲ませないラットを頭蓋骨に穴を開け、
治癒の経過を観察しました。

(a)(b)は投与したラットで(c)(d)は非投与です。
観て分かるように治癒の経過が投与群は良好であることを確認できました。
以上のことから、コラーゲントリペプチドは飲んでからすばやく吸収され、各組織に行き
渡り、皮膚と骨に新しい組織を再生されることが示唆されました。

さらに、低分子化ヒアルロン酸でうるおいたっぷり

低分子ヒアルロン酸(ヒアロナノ®)とは

ヒアロナノ®は、平均分子量約2,000にまで低分子化したヒアルロン酸です。
従来のヒアルロン酸と比べ、素早く吸収されることが特徴です。低分子化することにより、肌の炎症軽減といった生理活性も期待できます。

吸収速度の確認

肌の炎症因子Tの確認

動物:雄ヘアレスマウス(6週齢)

試験群:
UV(-)対照群、n=5
UV(+)対照群、n=6
UV(+)ヒアロナノ®(200mg/kg・BW)群、n=6
試験方法:
マウスに試料を7日間経口投与し、投与7日目に、UV(80mJ/㎠)を照射後、皮膚の炎症因子(IL-6)の遺伝子発現量を確認した。

ヒアルロン酸の特長・機能

  • 1.ヒアルロン酸は、生体内のあらゆる臓器や結合組織に存在しています。
  • 2.生体内での代謝は非常に速く、組織中の半減期は0.5±1.5日です。
  • 3.細胞間隙での細胞外マトリックスの形成による水分保持機能があります。
  • 4.創傷した組織を修復する際に必要な肉芽組織形成による創傷治癒機能があります。
  • 5.関節液に存在し、関節軟骨同士の摩擦抵抗を少なくする潤滑機能があります。
  • 6.上記以外に細胞増殖、細胞分化、抗炎症、免疫抑制などの機能があります。

加齢による皮膚のヒアルロン酸量の変化